トップ 引っ越し業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

引っ越し業者ナビ引越後のこと > 挨拶と確認をしよう

挨拶と確認をしよう

挨拶と確認をしようの画像

引越の手配や手続きがスムーズに行われて、引越が無事済んだ後には、ご近所へ挨拶をしたり、そこに住まうためのルールを確認したりする必要があります。

昔から、引越の挨拶はよく「向かい3軒、両隣」と言いますが、周りの環境を見て、臨機応変に挨拶をするようにしましょう。

たとえば、小さな私道などの中にある戸建てなどに引越をするのであれば、出来ればその私道の人たちみんなにちゃんと挨拶をしたほうが良いでしょうし、マンションやアパートの場合には、両隣と一番音の響きやすい下の階の人などに挨拶をしたほうが良いでしょう。

とくに小さな子供などがいる場合には、泣き声や部屋を走る音など、大きな響く音が立ちやすいので、引越の挨拶の際にその旨を伝えて「ご迷惑をおかけするかもしれませんが」と事前に断っておけば、後々何かあった場合にも、カドが立ちにくくなるでしょう。

やはり見たことのない相手や事情を知らない相手には、うるさかったり、騒いでいたりすれば腹が立つかもしれませんが、事情をある程度知っていれば、程度にもよりますが大目に見てもらえるケースもあるでしょう。

挨拶はその場所に住んでいく上で一番始めにしなくてはいけない大切なことのひとつとして、必ずするようにしましょう。

挨拶の際には、タオルなど簡単なもので良いので、粗品などを持って伺うようにしましょう。

特にのしなどに名前を入れておけば、名前も覚えてもらうことが出来ますので、一石二鳥です。

引越をした先、その土地その土地によって、さまざまなしきたりやルールというものがあると思いますが、ごみ捨ての方法や町内会についてなど、生活をしていく上で知っておかなくてはならないことというのがあります。

町内会やマンションの管理組合などがある場合には、必ずその時その時の責任者という人がいるはずですので、挨拶に伺ってルールなどを教えてもらうようにしましょう。

その地域で気持ち良く暮らしていくためにも、周りのルールを知って、合わせるということも大切です。

↓引っ越し見積は下から簡単に出来ますので、ご利用下さい。↓

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス
引っ越し業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。